singleArticle

財布の技法。切り目とは。

職人技が光る。
財布の「切り目」仕上げ。

主にタンニンなめしの革に使われる、革の断面を磨いて綺麗に仕上げる技法。
革の断面を荒いヤスリから細かいヤスリに替えて磨いていき、断面をまっすぐ平らに仕上げた後、染料を塗り重ねてコバを美しく仕上げていきます。
革の繊維の間に染料が入りこみ硬く固まるので、
縫い合わせた部分が割れて拡がるということを防いでくれます。
仕上がりまでに非常に時間がかかり、手間をかけた分だけ仕上がりの差となって表れるため、磨きは職人の腕が試される技法でもあります。

RECOMMENDED JOURNAL

一覧に戻る